バストアップにおすすめのクリームとバストケア法

バストアップにおすすめのクリームとバストケア法

クリームなどのバストアップ方法それぞれのメリット・デメリット

 

バストアップしたいと願うのであれば、身体の内側と外側の両方で効果のある対策を行うと効果が高まります。
内側からの対策となるとサプリや食生活でのイソフラボンの摂取が一般的に推奨されています。
ただバストアップを急ごうと過剰にイソフラボンを摂取すると乳がんのリスクが高まるなど副作用の心配があります。
なので1日の摂取量は守る必要があります。
過剰に摂り過ぎなければ副作用やリスクはありません。
一方外側からの対策としては色々あります。
トレーニングやマッサージ、手っ取り早く豊胸手術という方法もあります。

 

しかし豊胸手術となると高額な費用がかかりますしリスクも伴います。
行うかどうかは慎重に判断する必要があります。
一方でトレーニングやマッサージは副作用のない安全性の高い方法です。
効果を実感できるまでにある程度の時間はかかるのがデメリットです。

 

バストアップマッサージを行うときはクリームを併用するとより一層効果的です。
バストアップ専用のクリームも販売されています。
クリームの使用で副作用の報告はほとんどありません。
比較的リーズナブルにそして安心して使用できるので大変おすすめです。
色々な方法があるバストアップですがそれぞれのメリットやデメリットを考慮して正しい方法を選びましょう。

 

クリーム以外のバストアップにはプエラリアがおすすめ!

プエラリアの口コミ

 

 

バストの肌荒れを防止するための方法

バストは背中に次いでニキビなどの肌荒れが起きやすい箇所ですが、意外とあまり知られていません。
バストはトップの部分や鎖骨周囲や谷間なども含めて荒れやすいのですが、原因はどこにあるのでしょうか。

 

バストとその周囲は人体の中でも皮脂の分泌が活発で、汗もかきやすいので細菌が増殖しやすく、毛穴の汚れも溜まりやすいという問題があります。外因的な理由としてはトップの部分がシリコンでできたブラジャーは肌荒れの原因になりやすいですし、ブラジャーを着けている部分が蒸れてしまうことも肌にとってよくない状況をもたらします。

 

ではバストの肌荒れを防止するにはどのような方法が効果的なのでしょうか。
まず皮脂や汗が原因でできるニキビは他の箇所に出来るニキビと同じ方法が有効です。市販されているピーリング石鹸を使ってバストを清潔な状態に保つように心がけましょう。この時完全に洗い流さないと新たな肌のトラブルの原因となってしまうので気を付けましょう。ブラジャーが原因で起こるタイプのものは、シリコンや化学繊維を使用しているものは極力避けるようにしたり、強く締め付けるタイプの下着は皮膚に刺激を与えてしまうので、なるべく身につけないようにすることです。


 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ