脂肪線

脂肪線ができてしまう原理とは

脂肪線ができてしまう原理とは

脂肪線ができてしまう原理は、太ったことによるもので発生することにあります。従って、脂肪線ができているということは、太っていたという証拠になります。太っていた人がダイエットをすると、脂肪線が発生することもあります。太るのと逆に体の脂肪が減ったことで皮膚がちじんでしまって、真皮が裂けてしまうことで起こるのです。脂肪線は、肉割れの一種で、肉割れ線、ストレッチマーク、妊娠線と共に、同じ原理で起こります。これらは全て同じ原理で起こります。要するに、脂肪が付いてしまったことで、皮膚を形成している組織が膨れ上がり、結果的に真皮と呼ばれる組織が地割れを起こして裂けてしまうわけです。原理は全て同じなのですが、呼び名が違うだけです。妊娠線は、妊娠したことで起きるものですが、基本的な原理は同じです。基本は、脂肪が増えることが原因になっています。脂肪線を消すには、肉割れと同じ原理なので、消す方法も同じになります。手軽にできるのは、らクリームを使って皮膚の組織を再生させることです。マッサージをしながら、専用のクリームを一緒に使用すると、ある程度の効果はあります。

 

 

肉割れを消す

ホーム RSS購読 サイトマップ